金属サイディング(金属SD)の工事は、まず下地組から始まります。

金属SDを貼る向きと対角になるように一定の間隔で、胴縁(下地木材)を必要な箇所へ打付けて行きます。

胴縁の工事が終わると、次に取り付け金具の設置工事が始まります。


外壁を引掛けて止める金具を取り付けて行き、工事の準備を進めて行きます。

準備が完了した所で、外壁を張る工事が始まります。

金属SDを1階から順番に、長さをカットして合せながら設置して行きます。


この時、電気の配線やフード(室内通気)などが付く位置は、穴に合わせて切り抜き、設置して行きます。

1階が完了した所で中間水切りを設置します。

2階は軒や屋根があるので、上下に取り付け金具を設置して、準備を進めます。

準備が完了した所で、金属SDを必要な長さに合わせてカットします。

取り付けは、上の金具に差し込んでから、下の金具に引掛けて固定していきます。

全て張り終わると出隅などの角にカバーを取り付け、残るはコーキング工事。

サッシ(窓)電気などの配線廻りや、フード周りにゴム材を施工し、隙間からの浸水を防ぎます。

外壁が完了すると、フードなどの外の材料を取り付け外壁工事完了になります。

残るは足場解体、解体前に外部の点検をして外壁工事の完了です!

ワダハウジング和田製材株式会社
・二級施工管理技士
・福祉住環境コーディネーター2級
植松達矢