こんにちは!
ワダハウジングの纐纈です。

地震に強い家は許容応力度計算という構造計算をした耐震等級3の家が一番良いです。
構造と間取りを一致させ事で耐震等級3が取得しやすくなります。
その、構造と間取りがどれだけ一致しているか判断する方法があります。

それが、専門用語で「直下率」と言いいます。

 

直下率には2種類あります。
1つは柱の直下率です。


これは、2階の柱の下に1階の柱がどれだけあるか?
つまり、上下階の柱の位置がどれだけ一致しているかを示した値です。
青い丸印が柱です。
赤い丸印はより重要な柱になります。
上記の間取りは1階と2階でかなり同じ位置にあります。

もう一つが壁の直下率です。


これも考え方は同じです。
耐力壁と呼ばれる地震や台風に耐える壁が上下階でどれだけ一致しているかを示した値です。

上記の図では1Fの赤色の線が2階の壁がある部分を示します。
2Fの青色の線が1階の壁がある部分を示します。


この二つの値は相互に関係深いもので、柱の直下率が高くなると壁の直下率も高くなります。
この柱と壁の直下率がともに60%を超えた建物は、大地震に対しても非常に強いです。

これは、阪神淡路大震災の調査などから分かった事です。
その為、間取りを考える際には、直下率60%を一つの目安にします。


耐震性よりも間取りを優先する人はいないと思いますが、直下率の低い間取りは耐震性のリスクがあることをおぼえておいて下さい。

建築基準法では、直下率について何の基準も設けられていません。
また、特例によって建築士が設計した場合、構造計算が免除されているので、耐震性の良し悪しの裏付けがされないまま建築されていることがあります。

しかし、それでは心配なので設計時に構造計算を行い、耐震性を確認します。

上の画像は構造計算書の例です。

ただし、残念ながら全ての会社が計算しているかというと分かりません。
当然、構造計算を行っていると思いますが、もしかしたら行っていない場合もあるかも知れません。

その場合「耐震等級についてどう考えてますか?」と聞いてみてください。ここで、「建築基準法を守っているから大丈夫」などと言うようでしたら、問題ありです。


その会社のデザインが気に入ったとしても、やめて下さい。
地震大国の日本で耐震性能を疎かにしては絶対いけませんよ!

ワダハウジング和田製材株式会社
・一級建築士
・一級建築施工管理技士
・省エネ建築診断士(エキスパート)
・一般社団法人みんなの住宅研究所会員(会員番号:200019)
纐纈和正