こんにちは。ワダハウジングの三浦です。

過去6回に渡ってお送りしてきました、
【大切なこどもがすこやかに育つ住まいづくり】

今回は【まとめ編】になります。

目次

1【コミュニケーションを育む住まいづくり!】

 

2【小さな子供の安全を考えた住まいづくり!】

 

3【子供の成長を考えた住まいづくり!】

 

4【家事や育児の負担を軽減する住まい!】

 

5【こどもの成長に合わせて対応できる住まいづくり】

 

まとめ~過去リンク~

 

では、1から5までの【ポイント】をまとめていきます。

1.【コミュニケーションを育む住まいづくり!】

 

このブログでは家族のコミュニケーションの理想と現実を元に住まいづくりのヒントをお届けいたしました。
全国のアンケートでは66%の親がこどもともっとコミュニケーションを取りたいという回答でした。実際にお子様と接する時間は一日あたり3時間未満が最多になっています。

ではどうすればもっとコミュニケーションが取れるのか?
例えば自然と顔を合わせるような導線、食事時間が違っても話せるダイニング、留守中の伝言にも使用できるコミュニケーションボードなど。
家族とのコミュニケーションを【自然】に増やすための間取り(特にLDK)の工夫が非常に重要になってきます。

 

2.【小さなこどもの安全を考えた住まいづくり!】

 


このブログでは小さなこどもが安心して暮らせる住まいのヒントについてお届けしました。

小さなこどもがいらっしゃるご家庭の方にご質問です。
「小さなこどもにとって家の中で最も危険だと思う場所はどこですか?」
こちらについては多くの方が【階段】【キッチン】【浴室】とお答えになられています。
では、実際に【事故】が起こっている場所はどこなのか?

家庭内での事故の約60%は【居室】で起こっています。
もちろん階段や浴室、キッチンもゼロではありませんがまずは居室の安全対策から考えそこから階段や浴室などの対策を考えていきましょう。

具体的な方法についてはまたブログをご覧ください。

 

3.【子供の成長を考えた住まいづくり!】

 

このブログではこどものしつけを促す住まいや想像力を育む住まいについてお届けしました。
自分の事は自分で行えるようになる収納や想像力を育むのに効果的な落書きコーナー、ギャラリースペースなど使えるアイデアをご紹介しています。

また多くの親がリビングで勉強をしてほしいと答えているアンケートを元にリビングでの勉強スペースづくりのヒントも書きました。

 

4.【家事や育児の負担を軽減する住まい!】

 

このブログではこどもも親もイライラしない家づくりのヒントをお届けしました。
アンケートでは実に約93%の方が【子育てでイライラしたことがある】という結果が出ています。

どこのご家庭でも経験のある事だと思います。(私自身ももちろんあります。)
でもこどもにガミガミ怒ったりイライラを抑えるのもつらいですよね。
ではどうしたら少しでも解消できるのか?
・自分専用のスペースを確保することで一人の時間を作る
・親御さんに子育てを手伝ってもらえる環境を作る
・ちょっとの時間だけでも目を話せる安全対策を行う
上記はアイデアの一部ですが取り入れることで家族全員が笑顔で過ごせる住まいができるかもしれませんね。

 

5.【こどもの成長に合わせて対応できる住まいづくり】

 

このブログでは子供の成長に合わせて変化していく部屋作り方についてお届けしました。
いずれは必要がなくなってしまう可能性が高い子供部屋ですが将来どのように使いますか?
ある方は物置に使う。ある方は書斎にする。などなど多用途に渡ってきます。
先々まで使いやすい間取りの考え方をこちらでご覧ください。

ということで5回に渡ってお送りしてきました。
【大切なこどもがすこやかに育つ住まいづくり】
皆様は何か活かせる部分がありましたでしょうか?
家族全員が幸せに暮らせる家づくりのヒントにして頂ければ幸いです。

【大切なこどもがすこやかに育つ住まいづくり】
過去掲載分は下記よりご覧いただけます。

【コミュニケーションを育む住まいづくり!】

【小さな子供の安全を考えた住まいづくり!】

【子供の成長を考えた住まいづくり!】

【家事や育児の負担を軽減する住まい!】

【こどもの成長に合わせて対応できる住まいづくり】

ワダハウジング和田製材株式会社
宅地建物取引士(岐阜)第009743号
三浦啓輔