上棟工事が終わると、建物の屋根工事が始まります。

屋根の工事は、ルーフィング(布の染み込んだゴム材)に、抑えの材料を縦に止めて、その上へ平行に瓦を止める木材(瓦棒)を止めていきます。


瓦棒の下に隙間を開ける事で、水上から水下へ排水が出来るようにしています。


瓦を止める木材を打ち終えると、建物の一番上に通気抜きの材料を取り付けます。

この材料は建物の軒先から、タルキ(屋根下地の木材)の隙間を抜けて来た、空気を抜く材料になります。


通気を取る事で、屋根合板が乾燥した状態を作り、建物が傷みにくくなります。


瓦棒を留め付けながら、ルーフィングの水が多く流れる所には、板金で出来た役物を付けて傷みにくくしてきます。


瓦棒を止め終えた所で、屋根に沢山の瓦を上げて行きます。

瓦上げが完了すると、水下から瓦を並べて行きます。


この時に瓦を1枚ずつ釘で、瓦棒に止付けながら、上に上にと貼り進めて行きます。


この時、下から3枚目ぐらいの瓦を止める時に、雪止めの金具を、釘で一緒に取り付けて行きます。

平瓦を止め終わると、角の瓦を止める所の防水処理をして、その上に役物瓦を止めて行きます。


最後に棟瓦を止めて、付いた粉などの汚れを落として、工事完了になります。

建物を雨や風などから守る瓦の工事

瓦の屋根は、1枚ずつ職人が釘で止めているので、簡単には取れない、丈夫な仕組みになっています。

ワダハウジング和田製材株式会社
・二級施工管理技士
・福祉住環境コーディネーター2級
植松達矢