こんにちは、管理課の篭橋です。

家を建てるワダハウジングスタッフの篭橋和子

私の家は、昔ながらの家?! です。

暗い部屋がある家

窓際に廊下があり、奥にある部屋には昼間でも光が入らず、生活スペースはいつも暗いです。

朝、目覚めた時から照明をつけて生活をしている状態です。

窓が多い部屋がある家

家の間取りや窓の位置など、もっと考えて家を建てればこんなことにならなかったのに・・・((+_+))

と家のことは、いつも後悔しています。(>_<)

高い位置に窓がある部屋ある家

窓は位置だけではなく高さによっても光の入り方や広がり方が変わり、家の明るさに影響を与えます。

光がいっぱい

高い位置にある窓は光を多く取り込められ明るくなります。

家の中で床に陽が当たり暖かい

同じ大きさの窓なら縦長のほうが、横長の窓より部屋の奥まで光が入って明るくなります。

家の大きい窓から沢山の陽が入る間取り

はきだし窓なども天井近くまである高さにすると、明るい光が入りやすくなります。

縦長の窓と掃き出し窓があるリビングの家

もちろんデザインのこともあるので状況によって異なりますが、明るい光のある家は気持ちまで明るくなるような気がします。

(私の家が暗いせいでしょうか?そう思います。)

おはよう!明るい日差しで目覚める事が出来る家

窓は、高いほうが光が多くとり込め、縦長のほうが奥まで光を届かせられるので明るくなります。

陽の光で目覚めると一日気持ちよく行動できます。

明るい部屋は気分までUPしますよ。

是非、参考にしてみてください。

家を建てるワダハウジング和田製材株式会社 住まいの実例集へのリンク

家を建てるワダハウジング和田製材株式会社 イベント情報へのリンク

家を建てるワダハウジング公式Instagramへのリンク

家を建てるワダハウジング公式Pinterestへのリンク

家を建てるワダハウジング公式Facebookへのリンク

家を建てるワダハウジング公式Twitterへのリンク

ダルトンホーム岐阜土岐のHPへのリンク

ワダハウジング和田製材株式会社
篭橋和子

家を建てるワダハウジングスタッフの篭橋和子