こんにちは!
家づくりサポーターの吉田洋子です。

新築住宅を建てる工務店ワダハウジングのスタッフ吉田洋子

7月も下旬になり、夏休みは何をしようか考える頃でしょうか?
基本的に皮膚が弱く汗をかくとアトピーが悪化するので、梅雨から夏は一番苦手な季節です。
涼しい場所で避暑なんて考えるのは楽しいですが、
やはり春の穏やかな気候が5月生まれの私には、一番合っているのかな?と思います。

では、本題です。

先月も書いたのですが、地域ごとに新築住宅取得時の定住促進奨励金や支援金がございます。

今回は、土岐市の新築住宅を取得した場合の定住促進奨励金についてお話しさせていただきます。

市の人口減少対策と合わせて、従業員の住宅支援による企業誘致を図るための施策で、定住を目的に新築住宅を取得された場合に奨励金が交付されます。

新築住宅の土岐市定住促進奨励金の資料

交付対象者は、

①土岐市に転入した日の前日から起算して過去1年の間、または転入した日から起算して5年を経過した日までに取得した新築住宅に居住した方。

②共有で所得した場合は、持ち分が2分の1以上ある方。

③転入前3年間土岐市に住所のない方。

④対象住宅を取得した年度の4月1日現在の年齢が50歳以下の方。

⑤世帯全員に市税等の滞納がない方。(前居住地での市区町村税を含む)

⑥対象住宅を取得した日から6ヶ月以内に交付申請が可能な方。

新築住宅のイラスト

奨励金の額は、25万円です。

手続きとしては、奨励金交付申請書に必要事項を記入押印し、必要書類と共に市役所まちづくり推進課に提出するだけです。

【必要書類】は、

1.世帯全員の住民票の写し。

新築住宅に引っ越しをした住民票のイラスト

2.工事請負契約書のコピー。

新築住宅を建てた契約書のイラスト

3.建物登記事項証明書のコピー。

新築住宅の登記済権利証書いのイラスト

4.対象住宅の建物平面図。

新築住宅の平面図のイラスト

5.世帯全員の転入前の市区町村税完納証明書。
(市区町村税税の滞納がないことを証する証明書、課税が無い場合は直近の非課税証明書)
※これは、前住所地の市区町村役所で交付してもらってください。

6.誓約書。

7.同意書。

※注意
申請期間は、新築住宅を取得した日または土岐市に転入した日のいずれか後の日から6ヶ月以内です。

申請後に市で審査して、交付決定通知書が届いたら交付請求書を提出します。
交付請求書を確認後、指定の口座に振り込まれます。

※申請したら終わりではないので気を付けてくださいね。

新しい生活には家電や家具を新しくしたいと思いますよね。
忘れずに申請しましょう。

新築住宅を建てた場合の家具家電のイラスト

もうひとつ、フラット35を利用される場合は借入金利が当初5年間、0.25%引き下げられます。

利用申請書を必ず市へ提出してくださいね。

新築住宅を建てて幸せな家族のイラスト

市ごとで新築住宅奨励金の金額や申請の条件も異なります。
詳しくお知りになりたい場合は、是非お問い合わせください。
他にも新築住宅に関することは何でもご相談くださいね。

新築住宅の建築について相談中のイラスト

お問い合わせ、お待ちいたしております。

新築住宅を建てる工務店ワダハウジング住まいの実例集へのリンク

新築住宅を建てる工務店ワダハウジングのイベント情報へのリンク

新築住宅を建てる工務店ワダハウジング公式Instagramへのリンク

新築住宅を建てる工務店ワダハウジング公式Pinterestへのリンク

新築住宅を建てる工務店ワダハウジング公式Facebookへのリンク

新築住宅を建てる工務店ワダハウジング公式Twitterへのリンク

新築住宅を建てるダルトンホーム岐阜土岐のHPへのリンク

ワダハウジング和田製材株式会社
吉田洋子

新築住宅を建てる工務店ワダハウジングのスタッフ吉田洋子