こんにちは。

先日、瑞浪市で注文住宅工事中のT様邸にて造作工事が完了し、左官工事に入りました。

 

今回は、【左官工事の様子や作業の流れ】についてご紹介していきますね。

 

 

造作工事によって、天井や壁、床を造り上げ、扉の枠や造り付けのカウンター、棚板等を取り付けをします。

 

土岐、瑞浪、多治見、可児、御嵩町で注文住宅ならワダハウジング

 

土岐、瑞浪、多治見、可児、御嵩町で注文住宅ならワダハウジング 

 

土岐、瑞浪、多治見、可児、御嵩町で注文住宅ならワダハウジング

 

 

そして、左官工事に入ります。

 

まずは下地工事から始めます。

壁の出角に定木を取り付けていきます。

 

※1.出隅とは、2つの壁が外向きにあって出来る角の部分(凸になっている角)のことを出隅と言います。

 

土岐、瑞浪、多治見、可児、御嵩町で注文住宅ならワダハウジング

 

 

※2.定木は、施工性の向上と壁の角の欠け防止の為、使用しています。

 

土岐、瑞浪、多治見、可児、御嵩町で注文住宅ならワダハウジング

 

 

次にパテと言う下地材を使用して、壁の繋ぎ目や、天井や壁の板を止める際に使用したネジの凹みを平らにしていきます。

 

また、壁の繋ぎ目にファイバーテープ(繊維状の網目になっているテープ)を張り付け、その上から種類の異なるパテを塗り込みます。

 

土岐、瑞浪、多治見、可児、御嵩町で注文住宅ならワダハウジング

 

土岐、瑞浪、多治見、可児、御嵩町で注文住宅ならワダハウジング

 

 

この作業を行うことにより、壁の繋ぎ目の割れの発生を出来る限り防止します。

 

下地処理が完了すると、仕上げ工事に入ります。

 

 

弊社では、天井や壁にオリジナルブレンドの塗り材(珪藻土をベースに5つの天然素材を最適にブレンドした素材)を使用しています。

 

左官職人が、大きな桶でオリジナルブレンドの塗り材を練り上げます。

練り上げた後は、コテ板やコテ等の道具を器用に使い、天井や壁を塗っていきます。

 

土岐、瑞浪、多治見、可児、御嵩町で注文住宅ならワダハウジング

 

土岐、瑞浪、多治見、可児、御嵩町で注文住宅ならワダハウジング

 

 

天井を塗る際は、職人が利き手と反対に持ったコテ板を使い、必要な分の材料を取り、コテで素早く落とさない様に塗り付けていきます。

 

土岐、瑞浪、多治見、可児、御嵩町で注文住宅ならワダハウジング

 

 

塗り広げた模様が、コテ波仕上げと言う模様になっていきます。

職人の腕によって、天井や壁の表情が変わる為、味があって良いと好評をいただいております。

 

土岐、瑞浪、多治見、可児、御嵩町で注文住宅ならワダハウジング

 

土岐、瑞浪、多治見、可児、御嵩町で注文住宅ならワダハウジング

 

 

天井と壁を塗り終えると乾燥の為、養生期間を置きます。

乾き終わると、塗り壁の工事が完了となります。

 

注文住宅の完成まであと少し、最後まで気を抜かず、協力業者さんと一丸となって工事を進めて参ります。

 

 

土岐、瑞浪、多治見、可児、御嵩町で注文住宅ならワダハウジング

 

土岐、瑞浪、多治見、可児、御嵩町で注文住宅ならワダハウジング

 

土岐、瑞浪、多治見、可児、御嵩町で注文住宅ならワダハウジング

 

土岐、瑞浪、多治見、可児、御嵩町で注文住宅ならワダハウジング

 

土岐、瑞浪、多治見、可児、御嵩町で注文住宅ならワダハウジング

 

土岐、瑞浪、多治見、可児、御嵩町で注文住宅ならワダハウジング

 

土岐、瑞浪、多治見、可児、御嵩町で注文住宅ならワダハウジング

 

土岐、瑞浪、多治見、可児、御嵩町で注文住宅ならワダハウジング

 

土岐、瑞浪、多治見、可児、御嵩町で注文住宅ならワダハウジング

 

土岐、瑞浪、多治見、可児、御嵩町で注文住宅ならワダハウジング

 

土岐、瑞浪、多治見、可児、御嵩町で注文住宅ならワダハウジング

 

土岐、瑞浪、多治見、可児、御嵩町で注文住宅ならワダハウジング

 

土岐、瑞浪、多治見、可児、御嵩町で注文住宅なら

ワダハウジング和田製材株式会社

鈴木  章裕

 

土岐、瑞浪、多治見、可児、御嵩町で注文住宅ならワダハウジング

 

 

店名:ワダハウジング和田製材株式会社

住所:〒509-5142

   岐阜県土岐市泉町久尻9-3

情報:0572-55-3103

 

 

LINE公式アカウントはじめました。

お友だち登録よろしくお願いします!

土岐、瑞浪、多治見、可児、御嵩町で注文住宅ならワダハウジング