こんにちは! 和田浩志です。

 

 

 

【工務店の選び方】シリーズも今日で3回目です。

 

ここで、念のため申し上げておくことがあります。

 

このシリーズの中であなたにお伝えしていることは「基本的なこと」です。

もちろん、工務店を選ぶ判断基準(家づくりの要素)は他にもたくさんあります。

 

例えば、外観デザイン、インテリア・デザイン、魅力的な設備機器類、家事がしやすい間取り、収納計画、

そして、アフターメンテナンスのことや、会社の成り立ちなどに至るまで、様々な要素があります。

これらの要素はとても大切なことばかりです。

異論はありませんし、私たちも日々、よりよい提案ができるよう取り組んでいます。

 

しかし、ここでお伝えしたいことは「その前に押さえておかなければならない重要な要素がある」ということです。

それは、あなたの「安全」「安心」「健康」を守る要素です。

上記の様々な要素とは別次元のお話なのです。

 

「基本的なこと」つまり、家に例えたら「基礎や土台」です。

このシリーズのお話は、「基礎や土台をしっかりさせてから家を作りましょう」と言う内容であることをご認識ください。

 

まずはこの事をしっかり認識してから、この1~4回シリーズをお読みください。

今日はじめてご覧になる方は、1回目2回目も読んでいただくと「基礎や土台」が固まります。

 

 

工務店を選ぶときまず実践してほしい!

 

【工務店の選び方】超カンタンな4つの方法~第3回目~

今日はその「基礎や土台」のひとつ、「ちゃんとした窓が付いていること」というお話をいたします。

 

「ちゃんとした窓!?」なんて言うと、とても変な表現ですが、実はこれも工務店選びの必須項目の一つです。

 

「窓」を見るのです。

 

 

まず、工務店さんに向かってこう聞いてください。

 

「御社では、どんな窓を採用していますか?」

 

こう聞いて、その回答が「どんな窓」だったらよいでしょうか?

 

結論からいうと、

「室内が温度20℃・湿度50%の状況で、下枠が結露しない窓」

ということになります。

このような窓を採用しているかどうかがポイントになります。

 

なんだかよくわからないと思いますので、これをわかりやすく解説していきます。

 

まず、「温度が20℃で湿度が50%という条件だと露点温度は9.6℃」と覚えてください。

「露点温度」とは「これ以下に下がると空気が水滴に変わる温度」です。

 

この状況で、外気温が下がり窓が冷やされて、室内側の窓表面の温度が9.6℃以下になったらどうなるでしょうか?

そう、露点温度9.6℃以下になると「室内側の窓表面が結露」します。

あなたが見たことがある「窓がベタベタ」になっている状況です。

 

 

アルミサッシだと、いとも簡単に外気温を室内に伝えてしまうので、カンタンに結露してしまうのです。

 

外気温9.6℃って真冬でなくても起こります。

こんな程度の外気温で結露してしまっていてはダメなのです!

 

結露が起きると、何もよいことはありません。

 

カビ発生の原因となり、住まう人の健康を害する。

床などがひんぱんににぬれた状態になり、木材が腐る原因になる。

ひどくなると、壁や床の内部が腐食して建物の寿命に関わってしまう。

 

そうならないためにも、

 

家の断熱性能を高くする。

気密性能も高めて24時間換気をキチンと働かせる。

室内が温度20℃・湿度50%、外気温が9℃程度で結露してしまう窓を採用しない。

 

ことが大切です。

 

そうならない窓としては、「樹脂製サッシ」がよいでしょう。

できれば、トリプルガラス(3枚ガラス)を採用してください。

 

 

家の部位の中で、もっとも熱の出入りが激しいのは「窓」です。

だから、窓は超大事なのです!

 

工務店さんに向かって、

 

「御社はどんな窓を採用していますか?」

 

と聞いてみてください。

そして、今日のブログを読み返してみてください。

参考になりますよ。

 

 

明日の、【工務店の選び方】超カンタンな4つの方法~第3回目~は、

「より安全な方法で構造計算されていること」というお話をします。

 

「構造計算?数字は苦手ですよ」って思われるあなたでも大丈夫です!

「言葉だけ」覚えればOKです。

 

明日は、その「言葉」をお教えします。

 

これも、あなたの「安全」「安心」に関わるメチャメチャ大切なことなので、絶対おさえておいてください!

 

ではお楽しみに。

 

 

今日も最後までお読みくださって、ありがとうございました!

 

 

 

■□————————————–

高気密高断熱と自然素材で、心癒やされる健康的な暮らしを、お手伝いします!

土岐、瑞浪、多治見、可児、御嵩で、あたたかな木の家を建てるなら

 

ワダハウジング和田製材株式会社

代表取締役/一級建築士/省エネ建築診断士/住宅ローンアドバイザー

和田浩志

————————————–□■

 

土岐、瑞浪、多治見、可児、御嵩町で注文住宅ならワダハウジング

1棟1棟、しっかりとした家づくりをしたいから、

お受けできるのは月2棟までとさせて頂いています。

 

土岐、瑞浪、多治見、可児、御嵩町で注文住宅ならワダハウジング

土岐、瑞浪、多治見、可児、御嵩町で注文住宅ならワダハウジング

土岐、瑞浪、多治見、可児、御嵩町で注文住宅ならワダハウジング

土岐、瑞浪、多治見、可児、御嵩町で注文住宅ならワダハウジング

土岐、瑞浪、多治見、可児、御嵩町で注文住宅ならワダハウジング

土岐、瑞浪、多治見、可児、御嵩町で注文住宅ならワダハウジング

 

土岐、瑞浪、多治見、可児、御嵩町で注文住宅ならワダハウジング

土岐、瑞浪、多治見、可児、御嵩町で注文住宅ならワダハウジング

土岐、瑞浪、多治見、可児、御嵩町で注文住宅ならワダハウジング

土岐、瑞浪、多治見、可児、御嵩町で注文住宅ならワダハウジング

 

おかげさまで100年

ワダハウジング

和田製材株式会社

〒509-5142 岐阜県土岐市泉町久尻9-3

 

LINE公式アカウントですお友だち登録、よろしくお願いします!

土岐市で自然素材の一戸建て注文住宅を建てるならワダハウジング