こんにちは。
家づくりサポーターの吉田洋子です。

もう数日で2月も終わり。

3月3日はひな祭り。
なんですが、我が家は2匹目の犬チワワの空君を迎い入れた日なんです。

友人の知り合いのブリーダーさんから譲り受けたのですが、コンクールに出すために手元に置いていた犬で、大きさが合わないとかで我が家に話が来ました。
なので、生後9ヶ月過ぎていたんですね。
しつけもなにも出来ておらず、粗相はするは噛みつくは、大変な状態でした。
唯一おもちゃを投げると走って取りに行き、私のところまで持って帰って来るんです。
そんな訓練をしていたみたいです。

でも、我が家は先住犬のチワワの春君がおりますので、粗相に対しては床に保護がしてあるので大丈夫でした。

ペットと一緒に暮らすと云う事は、色々なリスクがあります。

猫に至っては、そこらじゅうで爪とぎしたり、犬に至っては、子犬の時期、歯が生えそろう頃は、木の部分を噛んでしまったりします。


家もやられました・・・。しまった!

一時的な事なので、何かカバーをして置けば良かった・・・と、思ってみても後の祭りです。

室内で飼うには、キャットタワーやキャットウォーク。
出入りの出来る扉を付けたり、

犬や猫は狭いところが好きなので、ゲージを置くスペースを考えたり、


写真のようなカウンター下にゲージを置いても良いですよね!
家族の姿が見える場所は、ペットも安心できます。

床を滑らないような床にしたり、

ストレスなく過ごさせてあげたいですよね。

我が家はペット仕様の床ではないので、洗えるペット用のじゅうたんを敷いています。

これからお家を建てたらペットを飼いたい方、
今のペットと一緒に暮らせる家づくりをお考えの方。

弊社と共に、ペット共生住宅を考えてみませんか?

犬好き、猫好きなスタッフも大勢おります。

先ずは、ペット談義をして、理想のお家を一緒に作りましょう。

色々なご提案をさせていただきます。
お問い合わせ、お待ちしております。

ワダハウジング和田製材株式会社
吉田洋子