この画像には alt 属性が指定されていません

 

こんにちは! 和田浩志です。

 

今日は、土岐市妻木町のM様・T様邸にて上棟(建て前)です。

 

 

 

今朝から工事現場へ行ってきました。

もう10月も中盤に差し掛かっているのにも関わらず、この暑さ!

棟梁や大工さんたちも、午前中からすでにヘバリ気味です。

本当にご苦労さまです。

 

施主様にもお会いでき、少しおしゃべりさせて頂きました。

 

 

大変うれしそうにお話されており、ご新居が組み上がるのをずっと見てみえました。

M様・T様、おめでとうございます!

 

 

完成を楽しみにしていてください。

 

 

今日は、お施主様のニーズそして注文住宅について、少し「想い」の部分をお話させてください。

 

私たちが提供する商品は、言わずもがな「注文住宅」です。

「注文住宅において、お客様のニーズをお聞きしてそれを提供する」というお仕事です。

 

しかし、それだけでよいのでしょうか?

もちろん、このように注文住宅をご提供することはとても大切です。

でも、「お客様からお聞きしたニーズ」だけを叶えるだけではなく(もちろん、ニーズを叶えて差し上げるのは極めて重要です)、

 

お客様が住み始めたら、どんな素晴らしい暮らしを体験していただきたいか?

 

という発想で注文住宅を提案することが、非常に大切なのではと考えます。

 

なぜなら、実はお客様は、本物の「本当に良い住まい」とは何かわかっていらっしゃらない方も多いからです。

20~40歳くらいの、はじめて家を買う方々は、特にそうではないでしょうか。

私たちが提案する注文住宅のコンセプトは、住まう方の「安全」「安心」「健康」を守る「高性能住宅」です。

目新しいものではありません。

 

しかしながら、私達が住む岐阜県東濃地域では、まだまだこの考え方は認知されていません。

取り組んでいる工務店も少ないです。

 

だから今こそ、ワダハウジングが本格的に取り組むべき事だと考えます! 

 

私達が、地域のみなさんへ「本物の良い住まい」とは何なのか?をお教えし、提案していかなくてはいけない。

それが、「地域のみなさんの幸せ」につながっていくと信じています。

 

「高性能✕自然素材の家」を訴求しても、それは単なる「モノ」の訴求であって本質ではありません。

それはそれで必要なことですし、100年以上の歴史がある材木屋として今後も踏襲していきますが、

それだけでは足らないと考えています。

 

住まいを通じて『素晴らしい暮らしの体験』を地域の皆様に提供していきます・・・

 

 

——————————————————–

高気密高断熱と自然素材で、心癒やされる健康的な暮らしを、お手伝いします!

土岐、瑞浪、多治見、可児、御嵩で、あたたかな木の家を建てるなら

 

土岐、瑞浪、多治見、可児、御嵩町で注文住宅ならワダハウジング

ワダハウジング和田製材株式会社

代表取締役/一級建築士/省エネ建築診断士(エキスパート)/住宅ローンアドバイザー

和田浩志

——————————————————–