今日は視点を変えてちょっとしたノウハウをお教えします

いよいよ家の購入をお考えの方も多いと思います

緊急事態宣言も明けハウスメーカーや工務店も

各社、感染症対策に気を付けながら見学会などを開催していくでしょう

そして

よし!

各社のモデルハウスや

現場見学会を見て回るぞ!

と意気込んでおられる方も多いことでしょう

今日はそんなあなたに

現場見学会やモデルハウス

のちょっとした見方

をお教えします

ではいってみましょう!

——————————————————–

高気密高断熱と自然素材で、心癒やされる健康的な暮らしを、お手伝いします!

土岐、瑞浪、多治見、可児、御嵩町で注文住宅ならワダハウジング

土岐、瑞浪、多治見、可児、御嵩で、あたたか木の家を建てるなら

ワダハウジング和田製材株式会社

和田浩志

——————————————————–

私共の

見学会やモデルハウスにも

まれにいらっしゃいますが

コンコンっと壁を叩いて

眉間にしわをよせて

うーん

と頭をかしげている方が

みえます

失礼な言い方をしますと

私たちから見れば

どこから見ても素人さんです

なぜ素人さんと

わかるかというと

壁に使われる下地材料は

2、3種類ぐらいしかなく

居室に使われるのは

ほぼ1種類なんです

それを見分けられない

のですから素人さんだと

すぐわかります

では

どのような行動を取れば

よいでしょうか?

それは・・・

たとえばこんな事を

やってみてください

最初はいかにも

何もわかっていない体で

何から始めたらいいか

さっぱりわからないん

ですよ~

とか言いながら

住宅内の壁の出隅(ですみ)

といわれるヶ所を

下から上へ見上げるのです

出隅とは壁が90度に

出っ張っている部分で

家の中には必ず数ヶ所

あります

その出隅の所に座って

角のラインに合わせて

4~5秒間下から上を

見上げてみて下さい

壁がまっすぐに立っているか

どうかを確認するような

そぶり

を見せるのです

また壁面に頬を寄せて

視線を壁に合わせて

上下させてみてください

通常ではわからないような

凹凸が少しだけ見えるとき

があります

こんなことをするお客様は

まずいらっしゃいません

こんな行動をするお客様を

見た瞬間

こっこの人、同業者かな?

と一瞬で緊張した

雰囲気になることでしょう

その後にあなたの職業を

伝えれば良いんです

緊張感というのは

すぐには消えません

和やかな雰囲気の中にも

何かしらの緊張感が

残っているはずです

今日はちょっとした小手先の

ノウハウでした

一度試してみてください

 

土岐、瑞浪、多治見、可児、御嵩町で注文住宅ならワダハウジング

土岐、瑞浪、多治見、可児、御嵩で、あたたかな木の家を建てるなら

ワダハウジング和田製材株式会社

一級建築士

省エネ建築診断士(エキスパート)

住宅ローンアドバイザー

代表取締役 和田浩志

 

土岐、瑞浪、多治見、可児、御嵩町で注文住宅ならワダハウジング

土岐、瑞浪、多治見、可児、御嵩町で注文住宅ならワダハウジング

土岐、瑞浪、多治見、可児、御嵩町で注文住宅ならワダハウジング

土岐、瑞浪、多治見、可児、御嵩町で注文住宅ならワダハウジング

 

ワダハウジング和田製材株式会社

岐阜県土岐市泉町久尻9-3

 

LINE公式アカウントはじめました

お友だち登録よろしくお願いします!

土岐市で自然素材の一戸建て注文住宅を建てるならワダハウジング