こんにちは。
家づくりサポーターの吉田洋子です。

3月も下旬になりました。
桜の開花を楽しみに待ち望んでいますが、花粉症の私は2月後半からくしゃみや鼻水に悩まされています。

花粉?風邪?コロナ?とスッキリしない毎日を送っています。
手洗いとうがいで、感染対策をおこなっていきましょうね!

では、本題です。

皆さんは、新築を建てた時の暖房器具は何にしようとお考えですか?

「今使ってるファンヒーター!」

「子供が小さいから、エアコンで!」

「床暖房にしたい!」

「やっぱ、冬はこたつでしょ!」

「ホットカーペット!」と、

色々な考えがございますよね。

ちなみに私吉田はこたつ派なのですが、犬がコタツの中に入ってしまうので、最近はエアコンに変更しました。

でも、何が一番良いのかわからないですよね。

床暖房も良いですが、壊れてしまった時の修理が高額になりそうですね。
こたつやホットカーペットも、こたつ布団やカーペットカバーの洗濯が面倒ですよね。
ファンヒーターも石油を買って来なければならないし、運ぶのも重たいし。

先輩にお聞きしたのですが、住宅の温熱環境の設計をされている方の書物の中に、家の断熱性能(断熱材や樹脂窓)を上げてエアコンを使うのが一番暖かいそうです。

なので、私も調べて見ました。

リビングのエアコンは、機能のたくさん付いた少し高めの方が良いそうです。
うまく機能を使えば、電気代もおさえられるようですよ。
個々のお部屋はお安めでも大丈夫みたいです。

断熱性能、高性能エアコン、弊社オススメの無垢の床材と樹脂窓。

これだけ揃えてしまえば、最強の冬が過ごせそうですね。

断熱材のことや、性能のことは、弊社のモデルハウスにお越しいただければ、詳しくご説明をさせて頂きます。

是非、家づくりのことを、一緒に勉強してみませんか?
お問い合わせお待ち致しております。

ワダハウジング和田製材株式会社
吉田洋子