こんにちは!
ワダハウジングの纐纈です。

家の心地よさを手にいれるにはどうしたらいいだろう?
常に考えています。


まず、私は敷地をよく見て、駐車場を考えます。
次に、家のカタチやサイズを考えます。
カタチの基本は東西に少し細長い長方形で考えます。
そうすると、南にまどが沢山取れて冬に暖かい住宅になるからです。


ただし、夏の日差しを遮る庇などを必ず設置しないといけません。
部屋が暑くなりすぎてエアコンの効率が下がり、電気代が高くなってしまいます。


その次に窓を考えます。
どこが景色がいいのか?
どこの景色を窓から見たいのか?
どこを見たくないのか等々考えます。


窓ってそんなに重要?

などと良く言われますが、とても重要だと思っています。
単に光をいれたり、換気したりするものではありません。
冬の日射を上手に取り込めれば、6畳の部屋が20℃を超える事も珍しくありません。


住宅だけに限らず、建築は外の世界と建物内をいかに繋げるかが重要だと思います。
家の快適さは窓辺に宿ると言う建築家もいるぐらいですし・・・


廻りの景色が良いときは、是非とも外が見たいので大きな窓を設けます。
その際に南以外の方角だったら、ガラスは遮熱タイプにして夏の日差しを防ぐように工夫します。
場合によっては外付けシェードなども取付します。


廻りに見たい景色がないけど、光を入れたい時は窓を上につけたりします。
方角によっては眩しい場合もあるので注意が必要です。


下に取付する事もあります。
下に取付すると光が足元からくるので優しいイメージになります。
床に座っていると心地よいです。


時には目隠しの格子をつけて視線を遮ったりもします。
光にも角度が付くので室内の影を楽しむことも出来ます。


家の形状にもよりますが、窓から自分の家が見えるのは楽しいですよね。


廻りに見たい景色が無いときは、中庭を設ける事も出来ます。
自分だけの庭をつくり家のどこからでも眺めれるようにします。
ただし、冷暖房の効率が悪くなり電気代がかかるので注意してください。


2階の廊下でも窓から見下ろせば・・・


中庭が見えるようにしたりすると楽しいです。
先程も述べましたが、冷暖房の効率が悪いので単純なカタチの家と比べると電気代が余分にかかるのはご承知ください。


景色が良い場所に真四角の窓をつけると絵画のように見えます。
ピクチャーウインドと呼びます。

以上のように窓の位置には非常にこだわりをもって設計しています。


単に明るくなるように、闇雲に窓を設ける何て事はしません。
なぜ、この位置なのか?
なぜ、この形の窓なのか?

家の心地よさと直結するので、じっくり考えたいですね。

 

ワダハウジング和田製材株式会社
・一級建築士
・一級建築施工管理技士
・省エネ建築診断士(エキスパート)
・一般社団法人みんなの住宅研究所会員(会員番号:200019)
纐纈和正