こんにちは、管理課の篭橋です。

皆さん、家を建てたい!と
決意するのにはいろいろと理由がありますよね。

 

「今住んでいる家が古くなったから新しい家がほしい。」
「結婚するので家を建てたい」
「子供が大きくなって家が手狭になったから・・・」
「高齢者にも住みやすい家を建てたい」

などなど
家を建てようと思うきっかけは、人それぞれだと思います。

なかでも家を建てるきっかけのひとつは、

「子供が小学校に上がるので、その前に家を建てたい」

ですよね。

小学校に上がったのち家を建てることを考えると、同じ小学校区に建てられたらいいのですが土地がない場合、お友達と離れなければならなくなる・・・

そんなことが無いように家を建てられる方も多いですね。

日本の場合、お客様から子供部屋の要望として

「2階に、一人5~6畳ぐらいの子供部屋がほしい。」
「ウォークインクローゼットもつけてほしい。」

などなど
このような要望が一般的でしょうか。

西欧では、子供の自立のために小さい時から子供部屋は必要!
が一般的です。

一概に言えませんが、私は小さいお子様に独立した部屋が必要なのか?
と思うときがあります。

小さな時は、部屋を仲良くシェア!
大きくなって個室が必要になったら区切って独立した部屋にする。

このように変化する家も、お勧めです。

家族の成長にあわせて家も変化する。
将来のことも見据えて家を建てる。

大切なことだと思います。

ワダハウジング和田製材株式会社
篭橋和子