百聞は一見に如かず!

本物の絵を鑑賞している女性のイラスト

本当にその通りだと思います。
突然で、申し訳ありません。

弊社では、モデルハウスを建設中です。

モデルハウスの上棟風景

インテリアコーディネーターとしては、内装をあれこれ考えております。
「見せる」部分が重要となりますので、楽しく選定中です。

インテリアコーディネーターが内装を提案中

カーテンを予定している窓があります。
カタログで、おおよその検討はしていますが決めきるまでに至りません。

理想の住まいの寝室とカーテン

その他の家具等が全く未定の為、決めきれないというのが大きいのですが・・・

カーテンは窓を覆うので、面積が大きい!
その為、かなり重要なのです。

生地は色もですが、質感も雰囲気を大きく左右します。

やっぱり大きい生地が見たい・・・
という訳で、サンゲツさんのショールームへ!

ショールームを案内する女性のイラスト

実は・・・
何度もお邪魔しているショールーム。
受付を済ませたら、目的地にまっしぐら。

カーテンは、多くの所が2種類のサンプルを置いています。

カーテンの生地サンプル

1つは、ハンガーサンプル
幅なり(※)の生地を90cmぐらいにカットし、ハンガーがついた台紙に付けた物。

カーテンの生地ハンガーサンプル

基本的には全商品の全色があります。
※巻いてある布の横をカットしない状態の事です。イラストの図ってない側です。

カーテン生地の採寸

吊りサンプル
カーテンの形に縫製した物。

カーテンの生地吊りサンプル

その会社ごとに呼び方が違うかもしれません・・・
こちらも幅なりで制作する事が多いので、実際に見ると中途半端な感じになっています。
こちらは、厳選されていますので、見たい物が絶対にあるとは限りません。

このサンプルを見ながら決定します。
でもこのサンプルは貸出が出来ないのが、歯がゆいところです。

気になった生地の品番を控えていきますが・・・
ここで活躍するのが、こちら

サンプル依頼表の複写用紙

慌てて書いたので字が汚くて恥ずかしいのですが・・・
ショールームにて複写になった用紙がいただけます。

この用紙に記入した物は、後ほど小さいサンプルを貰う事が出来ます。
枚数制限がございますので、厳選してくださいね。

カーテン生地の小さいサンプル

一部の生地は合わせたい小物もサンプルがあったので、良かった組み合わせも記載してきました。
これで、後ほど決定する時に役立ちます。

カーテンに合わせる小物のタッセル

サンゲツさんのショールームでは、カーテンレールの展示もあります。
今回使用する候補に上がっていて、本物を見た事がなかった物も展示があり、こちらも収穫の一つでした。

木製カーテンレール

本決定までにまだ少し時間がありますので、他との兼ね合いをみながら決めていきたいと思ってます。
出来上がりをぜひ見にいらしてください。

お打合せ中のお客様が、玄関ドアを迷ってみえました。
確かに難しいかも・・・

理想の住まい平屋の玄関ドア

こんな時はショールームへ!

実物が全てある訳ではありませんが、カタログでご覧いただくより断然わかりやすい。

カタログを見ている所

でも玄関ドアだけで、ご来場いただくのも、もったいない気がするなぁ・・・
という気持ちもありました。

そこで、一緒に展示があるのは窓。

猫が窓の外を見ている様子

窓にどんなイメージをお持ちですか?
お客様に「選ぶものなのですか?」とか「どれでもいいですよ。」と言われがちです。

でも本当は、外観のイメージがかなり変わってきます。

住宅の外観窓の色シルバー

住宅の外観窓の色ブラック

同じ壁ですが、窓の色が違います。

さらに、窓は住宅の断熱性能に大きく関わってきます。
熱が逃げやすく、入ってきやすい場所がが窓です。
そんな事から、実はちゃんと選ぶといい事の一つです。
詳しくは
ちらこちらをご参考にご覧ください。

住宅の断熱性能のイラスト

今回、ご案内したショールームはYAKKAPさんです。

ショールームで玄関ドアを選んでいる様子

お邪魔した事はあったのですが、ちゃんと見た事がない。
名古屋にあるショールームはTOTOさんと一緒になっており、TOTOさんのついでに・・・
となってしまったからなのです。

そんな薄っすらとした記憶ですが、断熱性能の実験が出来そうな場所がありました。
という事は、こちらも体験していただくなら、ご来場いただいてももったいなくない!

窓の性能を体感している様子

ショールームには、説明をしてくれるスタッフが必ず見えます。
予約を取りながら、玄関ドアと時間があれば窓の断熱性能体験を含み窓の案内もお願いしておきました。

予約者が建築業者で当日同行しないので、ご来場いただいた際には報告書を頂けます。
その報告書をみて、少し驚きました。

ショールームからの報告書

細かい所まで説明をしてくださってるが一目瞭然でした。

後日、そのお客様にショールームの感想をお伺いしました。
第一声は、楽しかったです!でした。
お客様も玄関ドアだけだから、すぐ終わると思ってみえたそうです。
でも断熱性能体験なども、とても納得ができ気がついたら予定時間を過ぎてしまってました。

時間を忘れて焦っている人のイラスト

本当に楽しそうにお話をいただけ、ご案内してよかったなぁと思いました。

楽しいそうにしている人のイラスト

同時におしゃられた事が「案内してくれる係りの方がみえなかったら、何にもわからなかったと思う。」との事でした。

わからずに困っている人のイラスト

そうなのです。
全くわからないけど、何となく見に行くでは、本当に見ただけになってしまうのです。

こうなってしまうと時間などがもったいない!と思ってしまうのです。
時間も費用も掛けて行くのであれば、収穫があった!という実感が欲しいなぁと個人的には思います。

時間泥棒のイラスト

もちろん、新築住宅を建てようかなぁ・・・やリフォームしようかなぁ・・・ぐらいの段階であれば、ただ見るだけでもいいと思います。
『こんな感じにしたいなぁ』という夢を作る場としても活躍する場所だと思うからです。

夢を想像しているイラスト

見やすい場所に、現在のオススメ商品がとても映えるように飾ってあります。
最近は、ただパーツを見せるだけでなく、全体イメージが沸くように展示が一般的です。
家具屋さんなどでも、一室を再現という展示が多くなったのも、よりイメージを伝えやすくする為。
キッチンや浴室のショールームでも取り入れられるようになりました。

部屋を再現したコーディネート

世間情勢により変化しますが、予約等もなくフラッと行っても入れる場合もあります。
夢を作る場ぐらいの場合は、これぐらい気楽な気持ちでご来場いただくのも、おすすめです。
でも、それが可能かはホームページ等をが確認ください。

ホームページで状況の確認をしている人

新築住宅を建てる時やリフォームをする事が具体的になった段階では、必ずご予約をお願いいたします。

予約をするマーク

ご予約していただくことで、ゆっくりご覧いただけるのももちろんですが、説明をしてくれる係員が付く事が最大のメリットです。

何となく係員が付くイコール押し売りされるのでは?とか心配になりますよね?
でもご安心ください!
住宅の場合は、その場で購入ではもちろんありません。
とりあえず・・・で大丈夫です。
弊社の場合は、その後に打ち合わせの際に精査していく時間があります。

それによりのメリットが沢山あります。
商品の特徴や使い方の説明、コーディネートのオススメなどはもちろんしていただけます。
そして、自分の理想をお伝えする事により、色々な提案をしていただけます。

ショールームの係員が案内をしている様子のイラスト

もちろん体感ができる事もあります。
そして面倒な品番等の転記もしてもらえるので、お客様は「これ」というだけで済んでいきます。
カラーイメージを作成してもらえる場合もあります。

これだけのメリットがあるので、使わない手はないと思っています。

私個人的に、よくお邪魔するショールームは、サンゲツさん大光電機さんです。

カーテンの生地は、質感を確認したいのです。

カーテン生地の質感

透け感や柔らかさは小さいサンプルではわかりづらいのです。
実は、前職の関係から柄などはカタログの情報のみで想像が出来るのです。
これは、職業病だと思いますが・・・

照明器具は、明るさとか本当は知りたいです。

照明で雰囲気がいい部屋

数値はカタログに記載してあるのですが、数値と実際に感じる事は違う時もあります。
一番は、周りの明るさですので、当てにならない部分もありますが・・・

迷う時は、本物か本物に近い物が見ていただけるのが一番いいと改めて思いました。

ワダハウジング和田製材株式会社住まいの実例集へのリンク

ワダハウジング和田製材株式会社イベント情報へのリンク

ワダハウジング公式Instagramへのリンク

ワダハウジング公式Pinterestへのリンク

ワダハウジング公式Facebookへのリンク

ワダハウジング公式Twitterへのリンク

ワダハウジング社長ブログへのリンク

ワダハウジング和田製材株式会社
・インテリアコーディネーター(171085A)

・ライティングコーディネーター(6202090)
・照明コンサルタント(425046-27)
西山志津江

ワダハウジングスタッフ西山志津江