突然ですが「しまった!!」という経験、1度や2度はございますよね?

私は多々あります・・・

最近は行けなくなりましたがビュッフェスタイルの食事。

目に入る物すべて食べたくなってしまい取り過ぎてしまいます。
それで最終的に、お腹がいっぱいになり過ぎてしまう。

それは、さて置き・・・

住宅購入時に、「しまった!!」は経験したくないですよね。



賃貸ならまだ、次に・・・とできます。


でも購入となると次に・・・とは、なかなか出来ないです。
ましてや一戸建てでは、またハードルが上がります。

余談ですが、海外ではリフォームというか、リノベーションに近い事をして、違う方が住み継ぐ。
これが主流で、歴史がある方が価値が高いそうです。



日本もそうなっていくのでしょうか?

話を戻しまして!
なぜこういった事を書いているかといいますと
”供給する側もお客様に「しまった!!」なんて思われたくない”からです。

でも、これなかなか難しい
なぜか?


それは、形がない物だから

もちろん最終的には形になります。
でも注文住宅の場合、お打合せをさせていただき、ご決定いただいた内容で建築します。

当然そのお打合せの間は、形がありません。

お客様からよく「わかんないから任せるよ」と言われます。
もちろん「任せるよ」の言葉は嬉しいです。

でも、その方の生活スタイルが分らないのです。
出来る限りお伺いし、ご提案はいたします。
でもこの、お互いが分らない状態が、住まわれてからの後悔ポイントが生まれるのではないか?と思います。

色々な事が知りたいと、日々インターネットにはお世話になっております。
そこでたまに入れる検索するワードは、


「新築注文住宅 後悔」

みなさん何を「しまった!!」と感じてみえるのか?
私が関わる所では、なるべくその部分をなくしたい。
そんな気持ちで検索しております。

筆頭に出てくる事
1位 収納



2位 コンセント

です。

やはりこれが2大困りごとなんだと改めて思う結果です。

そこで、注文住宅をご検討中の方に向け少しでも参考になればという事をお伝えいたします。

まずは、収納

今現在困ってる!という方が多いと思います。
でもなぜ困っているのか?が明確な方は少ないと思います。

漠然と「少ない!」も正解だと思います。

でも本当の正解は、「必要な場所に必要なサイズの収納がない」ではないか?

間取りの為にヒアリングさせていただくと
「とにかく収納を多く」

確かに多かったら何とかなります。
でも必要な場所に必要なサイズの方が断然オススメです。

でもこの2つの条件がわからないから答えが出ないのではないか?と推測しております。

そこで、考え方です。

必要な場所
つまりは、使用する場所。
使用する時に”パッと”取り出して、使い終わった片付ける
この片付けるも”しまい込む”ではなく”置く”ぐらいがオススメです。

なぜそれがいいのか?
例えば、髪の毛を洗面所で乾かそうとします。
ドライヤーが玄関にあったら、どう思いますか?
しかもその玄関がリビングを通らないといけないぐらい遠かったら?

面倒ですよね?
で、乾かし終えたら、そのドライヤーをそのまま洗面所に置きますよね?
でも明確な片付け場所がないから出しっぱなしとなります。

賃貸アパートなどで、収納が限られていると、そうせざる負えない時があります。

何となく、アイロンを掛ける時に隣の部屋の奥にある押入からアイロンと台を持ってきて・・・
なんかアイロンかけるの面倒なんだよね・・・
の原因かもしれません。

そこに気がつかないまま、新居を建てるのはもったいない!

必要な量
こちらの方が難しいと思います。
平常時1段分ぐらい空いているのが適量と言われます。
何かの際にとりあえずの避難場所にも使用できます。

最後に、置くぐらいの感じで片付けが出来る方がと書きました。
でも全てをこの感じで片付ける事は、難しいです。
そこで、使用頻度が関わってきます。
年1回の物は奥の方に。
毎日使用する物は手前に。

『出しっぱなしにしない』が片付け上手への近道です。

次にコンセント。

現状をお伺いすると、「こちらは困ってないよ」とおっしゃられる方が多いです。
なぜだろう?と思っておりました。
延長コード等で何とかしてるからでした。

その為、新居でも延長コード使うからいいよ。
なんて言われてしまいます。

延長コード等も色々あって便利ですが、やっぱり這ってない方がいいです。
見た目もスッキリします。

そして、コードに足が引っ掛かり転倒のおそれがあります。



またタコ足は、発火のおそれもあり危険です。



等々いい事はありません。

理想は「こんなに必要?」と思うぐらい欲しいです。
でも!金額が・・・

そこで、こちらも考え方をご紹介します。

現在コンセントは何に使っているか?
そのままですが、くまなくチェックしてください。



「家電」という目で見てしまうと見落としがありますよ。

それは、新築注文住宅でも使用するか?
使用するならどこで使うのかも確認してください。

新築注文住宅で新たに購入する家電は?
家電だけでなく、コンセントを使用する物が正しいですが、夢も込みで考えてみてください。
そしてこちらも使用場所も大事です。

この点をまとめてみるだけでも、後悔が減ると思います。
思い浮かべるだけですと、忘れてしまいます。
是非メモで残してください。

それだけ、コンセントは沢山使用しているはずです。

意外な物がコンセントに繋がっています。
その一つがウォーターサーバー。

冷やしたり、温めたりしますから当然なのですが、忘れがちです。

しかもウォーターサーバーは、大きさや重量もあります。
ご検討されている方は、忘れずに要望として出せるようにしてください。

ちなみに・・・
水道に繋げるウォーターサーバーも多くなってきました。

折角、新築の注文住宅!
どうせなら線が見えないように設置したくありませんか?

というのも、先日お打合せ中のお客様からのご要望でした。
どうしようかと関係者に相談しましたが、明確な答えが出ない。

実はこのウォーターサーバーは、私も気になっていた物でした。
それもあり、色々調べていたらより欲しくなってしまい、実際に見れる場所をちょっと覗いてみました。

自宅の相談が終わった後に、お客様の件も相談。
すると、新築やリフォームの時しかできない方法があります!
と写真を見せてくれました。
その瞬間にやり方等がわかりました。
なぜなら、とても簡単な方法だからです。
でもそこに気が付かなかった。
やっぱり色々な人の話を聞いてみるものですね。

その方法は、まさに新築ならでは!
注意点は1点だけです。

「置く場所を考える」
これだけです。

それ用の水道管をひく為です。
通常導入する場合はキッチン等の水道を分岐して設置します。
でも新築注文住宅なら水道管を増やす事はたやすい事です。
もちろん費用は発生しますが・・・
でもせっかくならスッキリしたくありませんか?

今回は、ウォーターサーバーのお話をさせていたましたが、これだけだけではありません。
前回お話した、非接触になる商品の導入もそうです。
この際、書き忘れましたが、玄関の鍵も非接触に出来ます。
しかも顔認証という技術も始まっています。



自分達が住みやすい、自分達だけの住宅。

それは注文住宅ならではです。

でも建築し始めると変更が出来ないです。
お打合せ中に、全て出し切れる準備をしてください。

新築建てたら何しよう?
何をしたい?
どう暮らしたい?
など、楽しみをいっぱい見つけて、ご相談にいらしてくださいね。

理想の暮らしを実現しましょう。

ワダハウジング和田製材株式会社
・インテリアコーディネーター(171085A)

・ライティングコーディネーター(6202090)
西山志津江